豊後大野市緒方町にある烏嶽(683.8m)は祖母山から北東方向に延びる障子尾根の先端部の山で、その尾根の先に原尻の滝があり緒方平野となる。登山道は旧緒方町から尾平に延びる県道7号(緒方高千穂線)の小原から大規模林道宇目・小国線に入り込み、1kmほど上った烏嶽トンネルの手前からとなる。
 登山口には駐車スペースはないが、登り口に1台は止められた。登山口から杉の植林の中の谷間を登り、尾根に着いたら尾根伝いに登山道があるので、テープなどを頼りに登っていく。
 尾根を登っていくと「地籍図根三角点」と書かれた590mのピークに着く。そこから踏み分け道を一度下り再度尾根道を登っていくと小さなピークが何度かあり、大きな岩のある所に出る。そのあたりは展望が良く竹田市方面の山々が見える。この岩場の横を通り緩やかに登っていくと烏嶽の山頂に着く。登山口からは1時間もかからずに登ることができるが、山頂からの展望はあまり良くなく、岩場まで戻って昼食とした。
 この山は古い砦の跡だといわれ江戸時代には大友親載氏の山城があったとされており、多和羅岳城(たわらがだけじょう)と書いて「タワラゲジョウ」とも呼ばれているそうだ。
豊後大野市 烏 嶽(683.8m)
2006/12/2












山登り掲示板へ  大分百山へ
私の評価 登山道 標識整備 山道展望 山頂展望 草花自然 運動量等 周辺整備 温泉施設
★★★ ★★ ★★★ ★★ ★★★ ★★★ ★★
烏嶽地図(クリックして大きく)  旧緒方町の原尻の滝を過ぎ県道7号を尾平方面に進むと米山バス停の近くからふるさと農道が竹田市方向に延びている。
 さらに狭くなった県道を進むと堂の内から大規模林道が神原方向に出来ている。

−1−
 大規模林道宇目・小国線の緒方竹田区間の起点となっているところを入り込む。


−2−
 堂の内地区を通り過ぎると左側に小さなお宮がある。
 さらに進むと烏嶽トンネルがあり、その100mほど手前が登山口となる。


−3−
 登山道は杉の植林地の作業道を登ることとなる。
 大分百山のガイドブックではもう少し手前のコンクリート道を登るようになっているがこの上部で合流する。
 登山口付近から振り返ると傾山がよく見える。

−4−
 コンクリートの道から登ってきた道と合流し、少し右に行ってさらに谷沿いの作業道を登っていく。




−5−
 作業道が左右に分岐するところがあるが、鞍部を目指して直進している作業道を登る。



−6−
 作業道が途切れ鞍部に着くと右方向の尾根に踏み分け道があり、テープを見つけて登っていく。


−7−
 尾根からはずれないように登っていくと途中に「太平山歩会」が烏嶽登山道の標識を取り付けてくれていた。



−8−
 杉の植林の中を上り詰めると雑木林となり小さなピークに出る。
 谷間の向こう側に烏嶽の山頂付近が見えている。
 このあたりから竹田市との境にある小冨士山などが見える。

−9−
 等高線で590mのピークには「地籍図根三角点」と書かれた標柱がありコンクリー柱が埋められていた。
 ガイドブックにある596mの標高点ではないようだ。

−10−
 590mのピークから見た烏嶽の山頂付近。
 この先少し下るがすぐに登りとなる。尾根からはずれないように注意深く進む。


−11−
 登りは少し急になるが尾根道ははっきりしていてわかりやすい。
 樹木にはアシビが多くなってくる。



−12−
 尾根道が狭くなると登山道がわかりにくくなるので、テープを頼りに急な坂道を登っていく。




−13−
 尾根の傍らに大きな岩が見えるあたりから尾根の右側は急な崖となっているのであまり端の方には行かないほうがよい。


−14−
 勾配は緩やかになるが尾根がだんだんと狭くなり樹木が入り乱れて登山道がわかりにくくなるが、尾根からはずれないように登っていく。


−15−
 急に明るくなると目の前に大きな岩が二つある展望の良い場所に出る。
 この場所からは竹田市方面の山が見えていたが、天気が良ければくじゅう方面も見えるのではないだろうか。


−16−
 大きな岩の左側を回り込み緩やかに登るともうすぐ山頂だ。
 このあたりも風倒木などがあるので下山時には道を間違わないよう注意したい。


−17−
 烏嶽の山頂は少し刈り広げられていて三角点の周辺には多くの山頂碑が立てられていた。
 三角点の表示はあったが石柱は埋もれていたのか確認できなかった。
 下山も同じ道を帰る。

−18−
季節はずれのトリカブトの花が残っていた クヌギの根元に槙の木の芽が美しい ジンチョウゲの花が咲きかけていた 登山口付近のスギゴケとシダ
前回の山(由布市 倉木山)  ホームへ 山登りサブへ   次の山(大分市 高崎山)