職場の山岳会の仲間と大分郡湯布院町の由布岳に登った。昨年もこの時期に登ったが、この日の天候はあまり良くなかった。
 今回は大人が10名と5歳から10歳までの子供が5名で、初めての人や家族での参加も多かった。県道沿いの由布岳南側登山口を8時半頃出発し、11時頃に山頂に着くというゆっくりしたペースだったが、子供達も全員山頂まで登ることができた。
 登り始める頃は由布岳は全然見えず、雲に覆われていたが、山頂では時折雲が切れ麓が見えてきたし、下山する頃には頂上付近まで晴れてきて、湯布院の町並みなどもきれいに見えてきた。
 秋の草花として、ススキやハギの花は一面に咲いていたほか、ヤマハハコやアザミ、ナデシコの花なども見ることができた。 
湯布院町 由布岳1,583.3m)

2002/9/7








山登り掲示板へ 市町村の山へ

私の評価 登山道 標識整備 山道展望 山頂展望 草花自然 運動量等 周辺整備 温泉施設
★★ ★★★★ ★★ ★★★★ ★★ ★★★★
 登山口は九州横断道路(別府一の宮線(県道11号))の別府市と湯布院町の境付近にある。最近は湯布院町川上の西登山口よりもここから登る人が多い。
図をクリックすると周辺の地図を表示します。
 登山口の駐車場は道路の反対側にも拡張されていて、以前より多く駐車できるようになった。
  8:25
 国立公園の案内板は古いままだが、鶴見岳への登山道など新しい案内板が建っている。  正面に飯盛城を見ながら登る。
 由布岳は曇り隠れていてほとんど見えない。
 飯盛城にはまだ登ったことはないが、この日も何人か登っていた。
 合野越から    9:15
 曇り空ではあったが、家族連れやグループなどで、マタエにはたくさんの人が登ってきていた。
         10:43
 西峰には久しく登っていないが、最近は山頂付近まで崩落しているらしい。  山頂付近北側の崩落。当日は霧で見えなかったが、大分自動車道から見るとひどくなっているように思える。
 クリックすると、由布岳サービスエリアからの写真が見られます。
 写真は以前写したもの
 山頂の下の広場で、早めの昼食をすまして登った。
            11:00
 雲が多く山頂からの展望はいまいちだったが、時折雲が切れて、湯布院の町などが見えた。
        11:40
 マタエ付近の登りはガレ場で下りも注意を要する。
       12:04下山開始
 下りの登山道からは湯布院の町並みも見えるようになった。
      12:22
 ススキの穂も山一面に広がっている。
 飯盛城と登山口付近が望める。
 雲もほとんどなくなり、湯布院の町並みが眼下に広がっていきた。
 写真をクリックすると拡大表示されます。
       12:29
以下、由布岳登山道周辺で見かけた秋の花の数々です。
秋の七草の一つハギの花 ヤマハハコ(クリックして群生に) ゲンノショウコ(現の証拠)フウロ草  ? 誰か教えてください
ホクチアザミ(火口薊) モリアザミ(森薊) シオガマギク(塩竈菊) ススキも秋の七草の一つです

前回の山大野町鎧ヶ岳  山登りサブへ  次の山(大分市高崎山)