湯布院町 由布岳1,583.3m)

2003/9/23

  職場の山岳会の仲間と毎年恒例となった大分郡湯布院町のてっぺん由布岳(1,583.3m)に登った。昨年もこの時期に登ったが、秋分の日のこの日は晴天に恵まれ心地よい風の中24名(うち子供7名)が登った。
 登山道も良く整備されているし、登山口から山頂もよく見え、登山道や山頂からの景色はとても良いので、家族連れのハイカーも多い。また、何ヶ所かに休憩ポイントもあるので、時間を調節して登ることもできる。
 草花も季節ごとにいろいろな花が咲き、山登りだけでなくいろいろな楽しみ方もできるところが人気の高い所以だと思う。
 当日のコースタイム
 登山口08:22→牧草地上08:35→合野越え09:00(休憩)→マタエ10:25(休憩)→由布岳東峰10:47→(昼食)11:30→マタエ11:47→由布岳西峰12:01→合野越え12:54(休憩)→登山口下山13:26  

山登り掲示板へ 市町村の山へ

私の評価 登山道 標識整備 山道展望 山頂展望 草花自然 運動量等 周辺整備 温泉施設
★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★★

由布岳地図(クリックして拡大)  登山口は九州横断道路(別府一の宮線(県道11号))の別府市と湯布院町の境付近にある。最近は湯布院町川上の西登山口よりもここから登る人が多い。
 ちなみに町名は昭和30年に湯平村と合併して「湯布院町」となり、地名などは「由布院」を使う。
地図をクリックすると拡大して周辺の地図を表示。
−1−
 駐車場や休憩所は県道を挟んで道路の反対側にあるので、横断には注意が必要だ。(みんなで渡れば、、、^^;)
 登山口の横にも駐車場が造られているが有料のようだ。


−2− 
 登山口には登山道の案内看板や登山届けを出すポストがあり、一度牧場内に入る。正面には飯盛ヶ城(1,067m)が見える。
 最近はここまで牛が来ているのを見かけることがなくなったがどうしたのだろう。


−3−
 牧草地を抜けいよいよ山道に入る。ここから合野越までは灌木の中を歩き、なだらかな登りとなる。
 柵を越えてすぐのところにトイレもあるが、登山口より状況は良くない。


−4−
 合野越に到着。ここで休憩してまた灌木の中に入る。
 ここから西登山口に降りるルートもあり、時間があれば目の前に見える飯盛ヶ城に登るのも良い。


−5−
 林を抜けると見晴らしも良くなり、飯盛ヶ城も眼下に見えてくる。ススキの草原の中ジグザグの登りとなる。
 このあたりから湯布院町内がよく見えるようになるので、一息入れて登るのも良い。


−6−
 最近登山口からの距離や標高を表示した小さなキロポストが足元に設置されており、初心者や初めての登山者にはありがたい。



−7−
 由布岳の西峰が迫るように見えてくるとマタエは近いが、足元はガレ場や岩などが多くなり、登りにくく、ここが一番の踏ん張りどころだ。



−8−
 マタエに到着しここでも一休みして頂上に向かう人が多い。
 私たちも一休みし、東峰にみんなで登ることにした。


−9−
 マタエから山頂までは10分足らずで登ることができる。岩が大きくなり歩きにくいところもあるが、東峰へは鎖場もなく四つん這いになることはまずない。


−10−
 東峰に登る途中から見る西峰への登山道は細くて岩場を這うよう延びており、鎖も何ヶ所かに設置されている。
 登っている人に比べると岩もかなり大きく急だが、初夏にはミヤマキリシマの花が美しい。


−11−
 由布岳東峰山頂(1,584m)に到着。記念写真のあと山頂下で食事をする。
 この日は天気も良く多くの人が登ってきており、狭い山頂はラッシュ状態だ。
 地図上に三角点や標高点はないが西峰と高さはほとんど変わらないのではないかと思う。

−12−
 山頂下の広場からでも湯布院町内はよく見える。登山道にもなっているので片方に寄って昼食を取った。
 この後体力に余裕のある何名かで西峰にも登ってみた。


−13−
 マタエからはいきなりの鎖場で、度肝を抜かれるが、足場はしっかりしているので慎重に鎖を伝って登る。




−14−
 何本かの鎖場を過ぎると小さなアップダウンの尾根道となり、登山道もしっかりしてくる。
 このあたりから以前登った福万山日出生台・飛岳(924.5m)などが良く見渡せる。


−15−
 山頂近くなると草原となり、西峰よりも広い山頂が見えてくる。
 この日は西峰にも負けないほど多くの人が登っていた。


−16−
 由布岳西峰の山頂にも東峰と同じ標高の1,584mと書かれた標識が立っている。
 近くには一等三角点標識もあり、その標高は1,583.3mとなっている。
 山頂は北側に細長く延びており、その先を下ると東峰へのお鉢廻りができる。
 最近は道が荒れているので注意が必要だ。
−17−
 西峰からマタエに戻る途中からも登山口方面や湯布院の町並などがよく見える。
 普段は下から見る中腹のジグザグ道も上からだとまた変わった感じに見えておもしろい。


−18−
ヨメナによく似たノコンギクの花 アキノキリンソウとモリアザミ ゲンノショウコの花かイヨフウロか アキノキリンソウ
ヤマラッキョウの花 大分では珍しいトリカブトの花 タンポポに似たブタナの花 モリアザミの花

前回の山(長野県 八ヶ岳)  山登りサブへ  次の山(国東町 文殊山)

2014/06/09一部修正